マスク

ここ5~6年、歯医者以外の医者にはかかっていなかったのですが、先日久々に風邪で病院へ行きました。

もちろん、風邪をひくことはあったのですが、気合いと発汗療法(?)で治していました。
でも、今回はだめでした・・・ (_ _;)
CIMG5860

咳がでる風邪だったので、外に出る時はマスクを着用。

日本では風邪をひいていなくてもマスクをしている人をよく見かけます。
花粉症もそうですが、これからの季節、風邪の予防としてマスクをする人も増えてきます。
マスクの種類も、これでもか、というくらい色々ありしかも高性能。

一方で、オーストラリアではどうでしょうか?

オーストラリアでは、マスクしている人はまずみかけません。
マスク自体それほど売られているわけでもありません。
予防してマスクをする、という考え方がまずありません。
風邪をひいていても、マスクをしている人はいません。
回りにうつるから、ちょっとは気を遣ってよ・・・とも思うこともあるのですが。

オーストラリアで留学中、多分6年くらい前だったと思います、一度ひどく風邪をひきました。。。マスクをしようかとも思ったけど、当時オーストラリアでマスクをしている人を見たことがありませんでした。

チュートリアル(小集団クラス)で、クラスメートに「風邪気味なんだけどマスクすると変?」と聞くと、「マスクは本当に病気がやばい人か、犯罪を企んでいるヤツががするものだ」と言われました。

当時世界的にテロ関連の話題も多く、「テロリストに間違われるよ」と言われました(;^ω^A

勇気のある方は、オーストラリアでマスクをして街を歩いてみて下さい。
きっと注目を集めます。
もしかしたら、不審者に間違われ職務質問を受けるかもしれません。
マスクをして何かあっても一切の責任は負いかねますので、あしからず・・・

何にしろ、健康は大事ですね。
皆さんも健康管理には十分お気をつけ下さい!

坂本 岳志 / Takeshi Sakamoto

豪政府公認留学カウンセラーPIER認定資格保持(QEAC登録番号:H297)。日本の大学を卒業後、日常英語もままならないレベルから、メルボルン大学大学院進学を決意。卒業後は、日本の商社で海外取引に3年携わる。現職に就いたきっかけは、メルボルン大学と商社時代に感じた「危機感」でした。各国の優秀な人材が海外で経験を積み、どんどん活躍していく中、日本の縮小を実感し、何か自分が役に立つことができるのでは、という思いから留学業界へ転職。パース支店勤務を経て、2018年4月より、名古屋地方を中心に、主にオーストラリア全都市の大学、大学院進学希望者のカウンセリングとサポートを行っています。このカウンセラーに質問する